しもやけ・・・私も、子供の頃は冬になると必ずなってました。

特に、足の指は一番痒くて、痛くて、一番辛い箇所なんですよね~。

 

しもやけを治すには、軟膏とかが良いと言われてますが、私は薬関係は一度も使ったことなかったな・・・って、ふと思いました。

生活の知恵とも言いましょうか?「しもやけは、こうして治す」みたいなので自然に治してました。

その方法を伝授しますね。

スポンサーリンク

熱い(ストレスを感じない程度の)お湯に足をつける

たぶん、北海道の人ならこの方法を一番先に思い浮かべます。

お湯に足を入れた瞬間は、なんとも言えない(痛いような、熱いような、)感覚になりますが、だんだん気持ちよくなってきます。

そして、お湯の中で、しもやけになった指をマッサージします。

すぐにお湯は冷たくなりますが、またお湯を足して5分~10分そのままお湯に足を付けます。

 

お湯から足を出したら、タオルで水気を取って保温性のある靴下を履きます。

ルームシューズなどがあれば、良いと思います。


アンディ ルームブーツ レディース用

 

しもやけは、冷えた足をそのままにしておくことでなります。

すぐに痒みを取るのは大変ですが、とにかく「冷えたら足を温める」ことを心がけていれば、重症化はしません。

足の指が、腫れてかゆいときの治し方

しもやけって、不思議と足の指の一本だけが異様に腫れて痒くなることがあります。

あれ、かなり辛いんですよね・・・痒くて我慢できなくて集中出来なかったり、眠れなかったり・・・

そんな時は、温湿布を貼ります。

痒い指に巻き付けてください!結構効きますよ~~

その日は、そのまま寝ましょう!朝になったら、かなり腫れも引いてるはず。

スポンサーリンク


しもやけにならないように気をつけることとは?

しもやけになってしまうと、何日かは痒い思いをしなければなりません。

出来ることなら、しもやけにならないようにしたいですよね?

 

最低限気をつけることは、暖かい靴下、暖かい靴を履くことです。

冷え込んだ日や雪が降った日にオールシーズンの靴(道外の場合)の靴はかなり冷えるので、冷え込んだ日や雪が降った日用に暖かい靴を買っておいた方が良いですよ。

 

ただ同じ場所に立ってるよりも、動いている方が、しもやけを防ぐことも出来ます。

こんな時は病院に行くべき

子供の頃によく「しもやけを放っていくと凍傷になってしまう」と言われてました。

  • かゆみよりも痛みの方が強い
  • なかなか、足の感覚が戻らない
  • しもやけになってる部分の色が違う

こんなときは、皮膚科に行ったほうが良いかもしれません。

困った顔


私は、しもやけで足の指が1.5倍くらい腫れて、真っ赤になって、1週間くらい痒みが続いたことが何度かあります(子供の頃)。

でも、薬をつけたり病院に行ったことはありませんが、自然治癒しました。

しもやけと凍傷の線引きはハッキリとは分かりませんが、強い痛みがあったり感覚がなくなったり、変色しているような場合は「しもやけの重症」か「凍傷」を疑った方が良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク