旭山動物園の冬の人気のイベントと言えば、ペンギンのお散歩です。

冬の動物園は、開園時間は短く、見れる動物も夏よりは少ないですが、冬にしか見られない動物の姿が見れますよ。

特に、ペンギンとか白くまは、夏よりも面白いです。

 

が、冬の旭山動物園に子供を連れて行く場合の注意点などもあります。

スポンサーリンク

旭山動物園内でベビーカーは使える?

「使えるか?」「使えないか?」と聞かれれば、使用禁止ではありません。

旭山動物園では夏はベビーカーの貸出はしてますが、冬期間はベビーカーのレンタルはしてません。

なので、使用したい方は自分のを持ち込むことになります。

 

でも、ハッキリ言って邪魔になるだけでしょう。

旭山動物園は、山の中腹にあるため坂が多く、人が歩く所は、たくさんの人が歩くためにすぐに溶けて氷になって滑りやすくなってます。

反対に、ちょっと脇に行くと狭い道になって、雪が深いところも多いんです。

そんなところでベビーカーを押しても前に進みませんし、タイヤに雪が付いて動かなくなります。

 

動物施設の中ではベビーカーは使えますが、狭い所になると他の人の迷惑になるので、どうしてもたたまなきゃなりません・・・結構荷物になりますよ。

小さな子どもを連れて冬の旭山動物園に行くにはどうしたら良いのか?

子供を背負うのは、もし滑って転んだときとても危険です。

だいたい、滑って転ぶ時は尻もちを付く感じになりますから・・・。

考えただけで恐くなりますよね?(^^;

 

あと、両手で抱っこも、大変危険です。

だいたい転ぶ時は、とっさに手を付いてしまいますから・・・・子供から手が離れてしまう危険があります。

 

結局、抱っこひもを使って、(大人の)両手を使えるようにするのが一番安全かな?と思います。

旭山動物園では、よくお父さんが赤ちゃんを(抱っこひもで)抱っこしている姿を見ますよ。


キューズベリー CUSE BERRY おんぶ 抱っこひも

それでも、100%安全とはいえませんけどね・・・。

とにかく、冬は、大人でも滑って転ぶことがあるくらい、滑りやすくなってます。

そして、大人も靴は安全なもので冬の旭山動物園に行くようにしてくださいね。

スポンサーリンク


冬の旭山動物園に行くときの格好は?

とにかく、冬の旭山動物園は寒いです!!

とにかく、暖かい格好で挑んでください!!(^^

子供の防寒着は?

子供は、上下のスキーウェアかつなぎのウェアが望ましいです。

靴も、保温性のある暖かい長靴が良いでしょう。

北海道は、冷える時は足から冷えて霜焼けになってしまうこともあります・・・そうなったら可愛そうですから。

帽子もお忘れなく!!

旭山動物園は山なので市内よりも冷たく感じるし、風も強、顔が特に冷たく感じます。

大人も、マスクやマフラー、ネックウォーマーなどは、あったほうが良いですよ。

旭山動物園の授乳室

旭山動物園は、とにかく授乳室が充実してます。

レストランや、休憩室には、お湯や、ソファーやベッドなどが用意されています(部屋によって違います)。

 

詳しい場所については、こちらのページを参考にしてください!

私も、一通り見たことがありますが、一番「中央あざらし館横無料休憩所内授乳室」が綺麗で居心地よさそうでした。

冬の動物園は楽しいですけど、やっぱり寒かったり、雪に慣れてない人は歩くのも大変だと思います。

休憩室で温まりながら、のんびりペースで回るのが良いと思いますよ。

 

スポンサーリンク