3月3日は桃の節句で、女の子の成長を祝って雛人形を飾ります。

でも、いざ雛人形を飾るときに迷うことありませんか?

あれ・・・お内裏様(男雛)は左右どっち?

あれ・・・五人囃子は飾る順番あるんだっけ?

などなど・・・

スポンサーリンク

雛人形の飾り方は?

  • 1段目:内裏
  • 2段目:三人官女
  • 3段目:五人囃子
  • 4段目:随身・御膳・菱台
    (仕丁の3人が間に並んでる場合もあります)
  • 5段目:仕丁
  • 6段・7段:嫁入り道具・牛車など

お内裏様は、どちらに飾ってもOK!

実は、お内裏様の場所は、関東と関西で違うんです。

向かって左側にあるのは、関東風

向かって右側にあるのは、京都風

 

関東風は、昭和天皇が即位した時の姿を真似てるんですよ~

最近の雛人形は、関東風に飾られてるものが多いようですね。

なので、向かって左側に置くのが昔からのお内裏様の場所なんですね。

というわけで、お内裏様の場所は好みでOKなんです。

 

ちょっと意外でした・・・・。

三人官女は、お歯黒女性を真ん中に

2段め目に飾る3人官女は、1人お歯黒女性(座ってる)がいます。

彼女は、3人の中で1人だけ既婚者という意味があります。

両脇の女性の上司であり年配者という意味もあって、敬う感じで真ん中に座ってるそうです。

彼女を真ん中にして、両サイドには立ってる官女を外側の足を前に出るように立たせます。

左の官女が、提(銚子)を、右の官女が長柄(柄のある銚子)を持ちます。

五人囃子の順番は、楽器の音の順番

3段目に飾る五人囃子は、子供ならがプロの少年楽師です。

飾る順番は、向かって左から音の大きな順に並べます。

  1. 太鼓
  2. 大鼓
  3. 小鼓
  4. 謡(扇)

スポンサーリンク


随身は、左(向かって右)が年配者

4段目の随身は左に地位の高いものが座るということで、向かって右側に年配の随身を飾ります。

背負羽は左の背中に、左に弓と矢(羽が下)に持たせます。

そして、冠をかぶせます。

仕丁は、表情豊かな一般市民?

仕丁の3人は、一般市民、今で言えば地方労働者なんですって。

怒ってる顔、泣いてる顔、笑ってる顔がありますよね。

泣いている男は故郷を懐かしんで・・・

怒ってる男は、自分たちの待遇に不満を持って怒ってるとか・・・

雛人形の世界にも色々とあるんですね(^^

 

並べ方は、真ん中に座ってる人に沓台(ちりとり)をもたせます。

(私の雛人形は、靴のような物を置いた台を持ってました)

左の手を上げてる人を、(向かって)右において立傘をもたせます。

右の手を上げてる人は、(向かって)左に置いて台傘をもたせます。

そして、向かって右端に桜、向かって左端に橘を置きます。

嫁入り道具

嫁入り道具に関しては、決まりごとは無いようです。

化粧道具や茶道具などのこまごましたものは6段に置き、御所車などの大きな物は7段に配置するとスッキリするかもしれませんね。

 

スポンサーリンク