Yahoo!ニュースで見た「珪藻土バスマット(soilバスマット)」で思い出したことがあります!

以前、「笑っていいとも」でも紹介されて、一気に有名になりましたよね。


ソイル バスマット soil bath mat 珪藻土 速乾

 

我が家にはありませんが、よく行く温泉で使ってます。

なので、珪藻土マスマットについて私が感じた良い点と、イマイチな点などを書いて置きます。

スポンサーリンク

珪藻土バスマットの使い心地は?

布のバスマットに慣れてると、ちょっと硬くてバスマットって感じがしないですね。

でも、乾燥は確かに早い!

濡れた足で珪藻土バスマットに上がっても、数秒で足跡が消える・・・初めて使った時はビックリしました。

まるで、真夏のアスファルトのような感じでしょうか(熱くないですけどね)?

 

確かに、足を拭いたあとはしばらく濡れてる布のバスマットよりは衛生的かも。

珪藻土バスマット、水虫菌も瞬時に殺菌!?

一度は「買おうか!」って思ったことがある「珪藻土バスマット」

実は、家族に水虫持ちが居るので、バスマット共有に凄く抵抗がある今日このごろ・・。

 

珪藻土バスマットは、瞬時に乾いて防菌効果もあるので繁殖も防ぐのは凄く魅力的!!

布のバスマットだと、水虫持ちが使った後は使いたくないから、新しいのを使ってしまう。

そうなると、毎日毎日・・・バスマットの洗濯に追われるんですよ。

これが解放されると思うと、マジで購入を考えました・・・・。

 

でも、実際に水虫の足を拭いてるわけだし、瞬時に乾いたとしても、殺菌効果に優れてるとしても、本当に水虫菌がなくなってるんだろうか?

ちょっと疑わしい気持ちも無いわけじゃないです。

 

でも、ファブリーズすればOKかな?

珪藻土バスマット、「ここはちょっとなぁ・・・」って部分

冬に(温泉で)使った時、とても冷たくてビックリしました!

さすがに、石のようなものなので、これはしょうがないのかな・・・って気がしました。

 

別の日には、珪藻土バスマットの上にタオルが敷いてあったんですが、それって意味あるの?って思いました。

だって、タオルは濡れるわけだから、布のバスマットと変わりないんじゃない?って感じで(^^;

実際、タオルは濡れていて冷たかったし・・・。

どういう目的で珪藻土バスマットの上にタオルが敷かれていたのか?未だに謎です。

珪藻土バスマットは重たい!

あと、珪藻土バスマットは持ってみたら、凄く重たい!

使い終わったら立てかけておくものだと思うけど、置き場所に困るんじゃないか?って思った。

あの重たさだったら、子供とかペットが居る家ならちょっと心配かな?

 

頭の上に倒れたりした大変!

実際、我が家は犬がいるから買わなかった。

でも、もっと薄くて軽いのが今は発売されてるようですね。

soil バスマット ライト 珪藻土 日本製 軽量モデル 薄い 丈夫 速乾 足ふきマット)

珪藻土バスマットは割れやすい!

実際、自宅で使ってた人に話を聞くと、思った通り「割れやすい」ということが分かりました。

立てかけておいて、勢い良く倒れた時に割れてしまったそうです。

 

あと、「やっぱり、ちょっと洗いたい」と思って洗剤を付けて洗ったら・・・

乾くのが早いので、洗剤の染みもが付いて落ちなくなってしまったとか?

うん・・・分かる気がする!

殺菌効果があると言っても、やっぱり足を拭いたものだから気になるものですよ~

やっぱり考えちゃいますから「少しは菌が付くんじゃない?やっぱり、洗いたい」って。

 

もし割れてしまったら?

珪藻土バスマットが割れてしまったら、使い物にならないとかではなく、また違った使い方があるようです!

湿気の多い場所に置いておくと「湿気取り」になるとか!

確かに、あれだけ吸水力あれば、そういう使い方もありですよね!

スポンサーリンク


珪藻土バスマットには、消費期限がある?

割れさえしなえれば永久に使えると思ったんですが、消費期限が約2年と言われてます。

でも、自宅で使う場合は家族の人数とか使う頻度でも変わってくると思いますけどね。

やはり、使い続けて行くと、徐々に吸水状態も衰えて行くものでしょう。

一応、2年を目安に使っていくと良いと思います。

 

気をつけることと言えば、陰干ししてカビを発生させないこと!

カビが生えたら、使うのは止めたほうが良いでしょう、

あと、ヤスリなどでメンテナンスすることで長く使い続けられるようです。

とにかく、使ったら立てかけて陰干しする!!

珪藻土バスマット。購入時に気をつけることは?

最近は、2,000円以下でで珪藻土バスマットが買えるようになったけど、中国製のは吸水力も悪いし、すぐに使えなくなると悪評が高いです。

また、反ったり割れやすいなど、デメリットが多いです。

 

日本製のは確かに高いですが、品物は全然違います。

「笑っていいとも」で紹介されたのも、日本製の「珪藻土(soil)バスマット」です。

 

スポンサーリンク