夫が夏風邪をひいてしまいました。

今回は、喉からの風邪で1日だけ熱が出て(38度くらい)寝込みましただけど、微熱~平熱に戻りましたが、咳だけはなかなか治らなくて大変でした。

夏風邪って喉から来て咳が長引くこと多いですよね。

 

ここで紹介するのは、決して咳を止める方法ではなく、一時的でも和らげる方法として参考にしてくださいね。

咳は、こじらせると他の病気も引き起こすので、早め早めに病院に行ったほうがいいです

咳の原因が云々・・・とか、咳が出る原因云々・・・と言うのは、私は医学には詳しくないので、そういう情報を知りたい方は、他の詳しく書かれてるサイトを探してくださいね。

スポンサーリンク

咳が止まらない夜の対処法

咳って、本人も辛いだろうけど、家族も大変です・・・特に、深夜に咳をされると眠れませんから。

夫の為もあり、自分の為(寝るために)にも、色々と試してみた結果、咳止め効果の高かった方法を書きますね。

喉を温める

喉に温熱湿布を貼る、使い捨てカイロを貼る、など喉を外から温めると、ちょっと咳が治まるようでした。

貼る場所は、男性なら喉仏の付近です。
湿布なら、横長に切って首の半分くらいをぐるっと貼るとリンパも温まって効果もありますよ。

使い捨てカイロなら、肌にペッタリと貼ると剥がれたりかぶれたりするので、ハンカチに巻くとかして首に巻き付けるのが良いかもしれません。

寝る前に温かいものを飲む

色々と飲ませたんですが、一番美味しくて効果があったのは、紅茶に蜂蜜を溶かして飲むことでした。

ちょっと多めに蜂蜜を入れて飲むときに、ちょっと冷まして喉のところでちょっと止めてゴックンと飲むとより効果的ですよ。

蜂蜜は最近ちょっと高くて、私としてはあまりたくさん使ってほしくないんですが・・・こういうときはしょうがないですよね・

紅茶は、ティーパックでも葉でも良いですが、葉から入れる方がより紅茶の殺菌効果が発揮するんじゃないでしょうか?

でも、紅茶はカフェインが入ってるので、カフェインに弱い方にはお勧めできません。
その場合は、お湯に蜂蜜を溶かして飲むのもいいと思いますよ。

背中をさする

咳が止まらないとき、背中をさすってあげると治まるようです・・・一時的ですけどね。

咳って、眠ってるときはあまり出てないようなので、一時的でも咳が止まってるときに眠れて、そのまま朝まで眠れることができたら本人も周りも楽なので、咳き込んで苦しそうなときは、しばらく背中をさすってあげてください。

咳をしている本人は、かなり体力も消耗しているし、薬も飲んで眠たいはずなので、とにかく眠らせる!!
周りは、これに徹しましょう!!

スポンサーリンク


起きているとき(昼間)の咳の対処法

咳が止まらないときは、喉に違和感を感じてることが多いので、口にするものにも気をつけってあげたほうが良いですね。

食事(朝・昼・夕)

治りかけのときに、栄養を付けさせるためにカツを作ったんですが・・・これが失敗(^^
喉の違和感が酷くなって、あまり食べられないだけじゃなく、またぶり返してしまったようです。

揚げ物は良くないみたいですね。

 

喉に違和感があって咳が止まらないときは、汁物の麺類が良いみたいです。
できれば温かいものの方が、喉を通るときに温まって良いと思います。

家族が多いときは、毎回麺類っていうのも難しいかもしれませんが、そういうときは別メニューで作ってあげると良いですよ。

できれば、卵とかネギとかを入れて栄養もつくように。

飴やトローチをなめる

最近は、のど飴も美味しかったり、ノンシュガーだったり、種類も多くなりましたよね~
常になめるなら、ノンシュガーのが良いと思います。

喉を温める

家にいるなら、湿布や100円カイロを貼ると良いですが、仕事や出かけなきゃいけないときは出来ないですよね?

そういうときは、(臭いのキツくない)塗る湿布みたいなのも効果があるみたいですよ。

常にバッグに入れておいて、トイレに行ったときでも喉に塗ると良いでしょう。

スポンサーリンク