飛行機、特に国際線の長距離となると10時間以上もほとんど座りっぱなしで疲れますよね。

特に、エコノミー席は狭いし、足は伸ばせないし、シートによってはトイレに行くのも気が引ける・・・・

でも、乗る前のちょっとした準備で、かなーーーり快適に機内で過ごせるんですよ。

 

その裏技(ってほどでもないけど)と快適グッズ、理由なども書いていきますね。

スポンサーリンク

メイクは搭乗前から落としておく

女性の場合は、メイクを落とすタイミングって考えちゃいますよね?

だいたい、機内食を食べ終わってトイレに行った時じゃないでしょうか?でも、そのタイミングってトイレが凄く混んで、気持ちが焦ってきませんか?トイレから出たら、心なしか後ろの人が怒ってるような顔に見えたり・・・・。

 

私は、乗る前にメイクは落としておきます。

と言っても、完全にノーメイクにするほどの勇気はないので眉毛と口紅くらい付けてますけど、これくらいならトイレまで行かなくても席で落とせますから。

そもそも、機内では誰も他人の顔なんて気にしてませんから(^^

みんな、寝てたりゲームをしたりTVを見てますよね?最近はインターネットもありでしょうか~?

とにかく、他人の顔を気にする人なんて居ないので、メイクは全く不要です。

締め付けない、ゆったりした服を着る

旅行だからお洒落したい気持ちはわかりますが、機内ではお洒落は必要ありません。

窮屈な格好は、自分で自分の首を締めるようなものです。

飛行機に乗ってると体は浮腫んでくるし、身動き出来ないからストレスは溜まるし、服まで窮屈だったら、本当に辛いですよ・・・・理想的なのは、スウェットとかジャージですけどね・・・さすがにそれは、私もお勧めしませんが(^^

とにかく、伸びる素材、大きめの服が望ましいです。

女性なら、ワンピースとか楽だしお洒落なので良いかもしれませんね~。

メイク(化粧)・着替えをするタイミングは?

搭乗前

搭乗口まで行って、機内案内が出る前が一番良いと思います。

やっぱり、地方空港から国際線出発空港に向かう人も居るだろうし、さすがに空港の中を歩く時はちゃんとした格好をしていたいですよね。

でも、機内に乗り込んでしまえばもう格好なんて気にしなくていいですから。

もちろん、空いている時なら機内で着替えたりメイクを落としていいですけどね・・・混んでる時は、女性はほとんど同じ行動を取るので、早いものがちです。

私は、そういう闘いには参加したくないので、早め早めにしてます。

降機後

エコノミー席の場合、現地に到着してもすぐには荷物は出てきません。

なので、機内から降りて入国審査(する場合)をして、ターンテーブルに向かう途中のトイレがグッドタイミングです。

ターンテーブルの近くにもトレはあるけど、だいたい混んでます!ターンテーブルに行く途中のトイレが一番空いているので、ゆっくり歯磨きしたり化粧したり、着替えたり出来るはずです(他の便と到着が混まなければ)。

たぶん、全てを終えてターンテーブルに行っても、荷物は出てるかどうか?でしょう・・・よっぽど早くに出てこない限りは。

荷物が出てくるまで待ってる時間って結構ありますから、この時間を利用しない手はありません。

スポンサーリンク


機内では、靴からスリッパか靴下に履き替える

夏に出かける場合は、裸足にサンダルの人も多いと思いますが、機内はかなり冷えます。

私も一度、裸足にサンダルで飛行機に乗って、足が冷たくなりすぎて痛くなったことがあって、それ以来、厚めの靴下は必ず手荷物に入れてます。

エコノミー席のアメニティにはスリッパが無い場合もあるので、トイレに行く時にいちいち靴を履くのも大変です・・・足が浮腫んで靴が履きにくいんです(^^

なので、長時間フライトの場合は、靴下とスリッパは必須ですよ!

靴下も、加圧性のものだと浮腫み防止になって一石二鳥ですよ~!!

羽織るものはあったほうが良い

国際線の長距離の場合は、毛布は用意されてますが、薄かったり小さかったりで足りなく感じる時もあります。

特に、半袖で乗り込んだ時は寒く感じるかもしれません。

また、ヨーロッパなどで国内移動の時は、毛布の用意はされてない機も多いですから、機内に乗り込む時は1枚は羽織るもの(ストールもOK)があったほうが良いでしょう。

私は、毛100%の薄くて大きなストールを必ず持ち込むことにしてます。

アイマスク・耳栓は必須!

エコノミー席になると、たくさんの人が乗ってますから、寝る時間も違うし、子供の声とかも気になる人も多いと思います。

私も経験あるんですが、眠たいのに隣の人がずっと本を読んでいて、照明が眩しくて眠れなかったことあります。

また、近くの子供がずっと泣いていて頭がガンガンしてきたこともあります。

なので、アイマスクと耳栓(シリコンのものが痛くなくていいです)は必須ですよ!!

アイマスクも、私は飛行機に乗ると目が付かれるので、次に乗る時は「めぐリズム」を持って乗る予定です(^^

やっぱ、ゆずの香りが最高♪

機内でストレス無く過ごすなら、席は、絶対に通路側!

よく「窓際じゃなきゃ嫌」って人がいますが、私は喜んで窓際を譲りますよ~(^^

私は、国内線でも通路側にすわります。

国際線でエコノミー席の場合は、中央の通路が一番ストレス溜まらないと思います。

窓側3列・中央4列・窓側3列という並びがエコノミー席で多いですよね?

窓側3列の通路側に座ると、(満席の場合)2人がトイレに行く度にあなたの前を通っていくので、その度に立って避けなきゃなりません・・・寝てる時だったら、結構イラッときませんか?

でも、中央の通路側だったらあなたの前を通るのは1人です・・・これだけでもストレスは減ります。

 

エコノミー席の場合、シートを倒す時も後ろの人を気にしなきゃなりませんよね?

もし、一番後ろの席が空いていたら、移動させてもらうのもいいでしょう!機内食が来るのは一番最後なので、食べたいものが残ってない場合もありますが、気兼ねなくシートを倒せるのは魅力ですよね。

もし、空いている時なら真ん中4つのシートを全部使って寝ていく・・・なんて夢のようなフライトも実現するかも!

私はまだ、そんな経験はありませんが・・・・。

 

とにかく、国際線の長距離フライトは、ただでさえ狭いエコノミー出来は不自由でストレスが溜まるので、トイレも思うように行けないと、本当に辛いし、体にも良くないですから、窓際にこだわりがないなら、中央の通路側を選びましょう。

U枕はあったほうが良い

機内でも枕は用意されてるけど、シートが180度フラットでないので、眠ってしまうと頭が垂れてきます。

起きたら、すっごく首と肩がこります・・・私は、これで帰国後かなり苦労しました。

U枕だと、首が垂れないので、それだけでも首の負担はなくなります。

最近は、低反発枕もあるみたいだけど、絶対に荷物になる!ふくらませるもので充分だと思いますよ・・自分の好みの硬さに出来るし(^^

H型とかもあるけど、私は首が固定されるU型に一票ですね。

必須ではないけど、あると重宝するもの

  • 目薬
  • 化粧水
  • のど飴

とにかく、機内は乾燥が半端じゃないです。

ドライアイの人は、目が乾いて目を開けるのも辛くなるので、目薬。

乾燥肌の人は、普段よりも肌が乾燥してくるので、化粧水。

喉が弱い人は、結構喉やられるので、のど飴。

あったほうが良いですよ。

スポンサーリンク