運動会の前日に「明日は雨が降りますように・・・」と願ったことがありませんか?
私は、いつも願ってました(^^
私は走るのが遅かったので、いつもピリ!なので、運動会は大嫌いでした。

でも、もし「速く走れる方法」があったら・・・・いつも思ってました。
そんな、昔の私に教えてあげたい、「輪ゴム2本で速く走れる方法」があったんです!

もっと早くに知りたかったです・・・・これらの裏技が1番効果があるのは、100m走です。

スポンサーリンク

輪ゴムを使って速く走る方法 輪ゴムの付け方

  1. 輪ゴムを足首に通します。
  2. 輪ゴムを一回ひねって8の字にします。
  3. ひねった輪ゴムを足の親指にかけます。
  4. 反対側の足にも同じように輪ゴムをかける。

こんな感じになります!(赤い線が輪ゴムと思ってください・・・下手ですみません)

あとは、普通にソックスを履いて、普通にスニーカーを履くだけでOKです。
不思議なことに、これだけでビックリするくらい速く走れるようになるんですよ~

と言っても、体力とかが付くとじゃないので、長距離には向きません。
1番効果があるのは、100m走です。

なぜ、輪ゴムを8の字に付けて速く走れるのか?

走るというのは、つま先で地面を蹴ることで、土踏まずがつま先だったときに伸びて、蹴る時に縮みます。
輪ゴムを付けることで、土踏まずが伸び、蹴る時の縮も大きくなります。

つまり、輪ゴムが、土踏まずの働きをより良くして、より速く走れるようになるんです。

その他にも、輪ゴムを付けることで精神を集中出来る効果があるとも言われてます。

注意すること

長時間輪ゴムを足に付けるのはやめてください!せいぜい、走る時だけにしましょうね。
実際、長時間の使用で血が止まって、壊死したという実例もあります。

「痛い」とか感じたら、すぐにやめてください。

スポンサーリンク


ゴルフボールを持って速く走る裏技

両手にゴルフボールを持って走ると、不思議と速く走れるんです。
と言っても、学校や、運動会などでは持って走るのは禁止なので、練習時のみになりますけどね。

ゴルフボールは、あくまでも「感覚」を付けるものなので、慣れればゴルフボールなしでも速く走れるようになります。
コツが分かるまでのグッズです。

運動会前に、自宅の周りをゴルフボールを持って毎日走って感覚を体に覚えさせましょう。
この方法も、1番効果があるのは、100m走です。

なぜ、ゴルフボールを持てば速く走れるのか?

ゴルフボールを持って走ると、腕がよく触れて遠心力が生まれて走るのに必要な上下の動きが大きくなって、速く走れるんです。
また、ゴルフボールを握ることで、全身の緊張感もとける効果もあります。

 

走るのが遅いって、本人にとっては、かなりコンプレックスなんですよ~。
ぜひ、この方法を教えてあげてくださいね!きっと、凄い自信が付くと思いますよ。

 

スポンサーリンク