デートで、家族で、楽しいドライブで車酔いなんて最悪ですよね~
私も、以前は車酔いしやすくて、車に長時間乗るのが不安でした。
特に、カーブの多い道とか、箱根のように山を上がってく(下がってく)時は、かなりの高い確率で酔って吐きそうになったことがあります。

最近は、いくつか「酔い止め対策」を知って、それほど酔わなくなりました。

そんな私が、「これは車酔いに効果ある!」と思った裏技をお教えしますね。

スポンサーリンク

黒いサングラスをする

車に酔う原因として、目からの刺激があります。
目から入ってくる景色が流れる、そのスピードに眼球が追いつかなくて、脳が混乱して酔ってしまうということです。

その対策として、黒いサングラスをすることで、その刺激を和らげて、酔いにくくするようですよ!

確かに、この方法はとても効果あると思いました!
私の天敵?とも思えたカーブの多い道でも、酔わなくなりましたし、いつもなら車に乗ると目が疲れて、体全体も疲れて眠くなってくるんですが、ずっと元気で車に乗ってることが出来ました。

さきイカを食べる

昔、何かの番組で見て試してみたんですが、確かに酔わなかったです!
ガムで酔ったことがある私なので、「さきイカも似たようなものかな?」と、最初は半信半疑だったんですが、ガムよりもずっと効果あります!

てん

あまり食べると胃がもたれてしまうので注意です。
それに、車の中がさきイカ臭くなるので嫌がる人も居るかもしれません。

親指の第一関節を噛む

昔「手のひらに「車」と書いて、舐めると酔わない」なんておまじないがありましたよね?
それと似たようなものかな?と思ったんですが・・・
親指の第一関節の神経は目と耳の神経と繋がっていて、噛んで「痛い」と感じることで、目や耳からの情報よりも早くに脳に伝わることで、酔が軽減されるようです。

 

おまじないなんかじゃなく、ちゃんと理由があったんですね!
この方法は、酔い対策というよりも、ちょっと酔ってしまった時の治療法と思ってください。

でも、「酔って、今にも吐きそう・・・」までなってしまったら、すぐに効果が発揮するかは分かりません・・・早め、早めに行ってくださいね(^^

てん

ちょっと胃がムカ・・・とした時に、親指の第一関節を噛んでみました。
そしたら、不思議・・・数分後には治ってた!!
噛む時は、ちょっと「痛い」って感じるくらいじゃないと、効果ありませんよ。


スポンサーリンク


車に酔う原因とは?

一緒に車に乗っていても、全く酔わない人もいますよね。
私も酔いやすかったので、そういう人がとても羨ましかったです。

車に酔う原因は色々とあります・・・

  • 疲れ目
    光や、景色が流れるスピードに目が疲れてしまうために起きます。
    本を読んだり、スマホをいじると車に酔いやすいです。

  • 三半規管が弱いと酔いやすいです。
    大人より子供の方が車に酔いやすいのも、子供は三半規管が未熟というのが原因です。
  • 臭い
    ガソリンの臭い、車特有の臭い、同乗者がタバコを吸っている、同乗者がキツい香水を付けている、同乗者の体臭が強いなど、酔いの原因になります。
  • 揺れ
    ジェットコースターや、船など、揺れが激しいと、脳が情報を処理しきれなくなって自律神経が乱れて酔いやすくなります。
  • 体調不良
    寝不足や、疲れがたまってる時も自律神経の乱れで酔いやすくなります。
  • 空腹時・満腹時
    私は、空腹の状態で車に乗ると数分で酔います。
    なので、車に乗る時は、臭いのキツくない食べ物を持って乗るのも必要です。
てん

酔ってしまったら、窓を開けて換気をよくしましょう。

冷たいタオルを体に付けたり、冷たい水を飲むのも良いですよ!

早め早めにドライバーに言って、車を停車してもらいましょう・・・車の中で吐いちゃうと、臭いも残るし、同乗者にも迷惑かけちゃいますからね。

スポンサーリンク