モンサン・ミッシェルと言えば、旅行好きなら一度は行ってみたいところですよね。

私も、2010年にパリに行った時に念願のモン・サン・ミッシェルに一泊して満喫してきましたよ♪

生きているうちに、もう一度行きたいと思うくらい素敵なところでした。

 

モン・サン・ミッシェルに交通機関で行く方法ですが、パリから行く方法としては、直行バスで行くか、TGVとバスで行く方法、そしてパリ発のツアーで行く方法があります。

スポンサーリンク

パリから乗り換えなくモン・サン・ミッシェルまで行く方法は?

これ、私が行った2010年には無かったんですが、今はパリからモン・サン・ミッシェルまで直行で行けるバスがあるようですね!!

それが、OUIBUS

OUIBUS 公式サイト

パリのメトロ1番「Porte Maillot」駅の近くにある「Porte Maillot」のバス停から出発してます。

OUIBUSの時刻・運賃・所要時間

OUIBUSのサイトを開くと、トップページで出発地と目的地と日にちを入力できるようになってます。

 

試しに、適当に「パリを5/10出発、モン・サン・ミッシェル翌日出発」で検索してみました。

パリからモン・サン・ミッシェルに行く場合
  • 出発地は、Paris
  • 目的地は、Mont-saint-Michel
  • 日にち
  • 人数

を入力して(地名は途中まで入れると選べるようになってます)右のピンクのアイコンをクリックします。

すると、パリ発の所要時間と運賃(19ユーロ)が出てきます。

乗車時間は、4時間40分です。

良ければ、右の「Reserver cet aller」をクリックすると、今度はモン・サン・ミッシェル発の時間が出てきます。

操作は同じです。

これでOKなら、クレジットカードで精算になります。

びっくりするくらい簡単ですよね(^^

当日は、パスポートをチェックされる事もあるようなので、持参しましょう。

OUIBUS、モン・サン・ミッシェルの停留所は?

モン・サン・ミッシェルの手前の駐車場の「7」が、OUIBUSの停留所になります。

ここから、モン・サン・ミッシェルのパンフレットをダウンロード出来ます。

モン・サン・ミッシェルのパンフレット(PDF)DL(日本語)

OUIBUSがおすすめな点

なんと言っても、片道19€という安さ!

TGVとバスで行く場合は、安くても往復100ユーロはかかると思ってください(時期によって異なります)。

でも、OUIBUSなら、往復で38ユーロ!半額以下で行けます。

 

何より、パリから乗り換え無しでモン・サン・ミッシェルまで行けるのは心強いですよね。

そして、バスの中には、トイレもあるので、これも凄く安心です。

万が一、予定が変わった時も、キャンセル出来るのも有り難いです。

やっぱり、直前まで何があるかわからないですからね。

パリからモン・サン・ミッシェルまで、移動時間が一番短いのは?

パリからレンヌまで、約1時間半

レンヌからモン・サン・ミッシェルまで、約1時間半

パリから約3時間で行ける、TGV+バスが一番早く行ける方法です。

 

TGVの予約も、日本語で簡単に出来るので、とてもハードルは低いと思いますよ。

パリからレンヌまでのTGV予約はこちら

 

パリ発:5/12、レンヌ発:5/13で検索してみました。

 

最安で、日本円で片道5,600円~のようです(もっと安い日もあるかもしれません)。

 

希望の金額と時間のラジオボタンを選びます。

そのまま進むと、帰りの時間がでてくるので同じ作業をして、精算になります。

難しいことも無く購入出来ると思います。

注意するのは、「直行便」のところです!乗り換えが不安な人は、直行便を選びましょう。

レンヌ駅からモン・サン・ミッシェルまでのバス乗り場・時刻・運賃は?

時刻や運賃については、モン・サン・ミッシェルの公式サイト(日本語)で確認して行ったほうが良いです。

モン・サン・ミッシェル 公式サイト(日本語)

見ての通り、バスは頻繁にあるわけではないです。

行きも帰りも、16:00台のバスが最終になってます。

なので、パリから日帰りで行く場合は、早めに出発して行かないと、モン・サン・ミッシェルで時間が殆ど無いようなことにもなりかねません。

TGV+バスがおすすめ点

直行バスだと、4時間40分ですが、TGV+バスなら3時間で行けます。

この1時間半の差は、旅先では貴重な時間かもしれません。

それに、やっぱりバスよりも座席は広いですし、立って歩くことも出来るし、トイレも行きやすいです(バスにもトイレはあるけど、狭い)。

そして、やっぱりヨーロッパで鉄道に乗るというのは、やっぱり私個人的には憧れますね~

駅弁を食べたり、ビールを飲んだり・・・・これは、バスだとちょっと躊躇します(バスでビールは禁止です)。

TGV+バス 注意すること!

やはり、レンヌ駅でのTGVとバスの乗り換えに不安があるひとも多いと思います。

モン・サン・ミッシェル行きのバスの本数が少ないというのも不安要素ですよね。

気をつけるのは、降車駅を間違えないようにすること!これは、当然ですよね・・・。

パリ発は、早め(午前中)の便にするか?モン・サン・ミッシェルに一泊するか?した方は良いと思います。

モン・サン・ミッシェルの夜景を見るなら、宿泊するのが一番ですよ。

スポンサーリンク


ガイド付き、食事付き、観光付きの至れり尽くせりで行くなら?

「バスも、TGV(鉄道)も、やっぱり不安・・・」「自分で予約するのが不安」と言うなら、パリ発のガイド同行のツアーに参加するのも良いかもしれませんね。

私は、2010年に「モンサンミッシェル宿泊ツアー1泊2日 <オムレツ昼食付き/日本語>by Mybus 」というツアーに参加しました。

モン・サン・ミッシェルのライトアップ夜景を見たかったので、1泊2日のツアーを選びました。

体力的にも、もちろん内容的にも、宿泊にして正解でした。

今とは内容も若干違うかもしれませんが、食事やホテルなど参考にしていただけたらと思います。

集合場所

パリの「MyBus」の前に集合です!

張り切って早めに行ったんですが、「MyBus」は7:00まで開きませんでした。

「MyBus」店舗にはトイレがあるので(地下)、出発前に行っておいた方が良いです。

出発時間10分前にバスに乗り込んで、ガイドが参加者を確認します。

バス

私達が行った時は、バスは、ちょっと古いものでした。

トイレは、ドアの側にありましたが、とても狭いものでした・・・ガイド曰く「小さなタンクなので、10人くらいしか使えない」とのことです。

それでも、トイレがあると思えば、ちょっと安心ですよね。

トイレタイム

高速のドライブインのトイレに寄ってくれました。

が、時間が競ってたからでしょうか?「買い物は一切しないで、用が済んだらすぐにバスに戻ってください」と言われ、トイレも女性用が混んでいたので、男性用に並ばされました(^^;

恥ずかしかったけど、「人の目は気にせずに、私の言うとおりにしてください」と半強制?

食事

モン・サン・ミッシェルに到着したら、すぐに食事でした。

団体客を1つの部屋に押し込めた!みたいな感じのところです・・・・

ふわふわオムレツ

噂のモン・サン・ミッシェル名物です!

味は・・・・泡立ててるけど、味は卵焼きです・・・(^^

美味しいか?と言えば、卵好きなら美味しいんじゃないでしょうか?卵焼きだもん・・・

白身の魚のホワイトソースかけ

あまり特徴的な味じゃなかった・・・・

白身の魚にホワイトソースって合うか?

りんごのタルト

これは、とっても美味しかった!

もう1個くらい食べたいと思うくらい・・・

りんごのシャンペ(左、ンアップルタイザー(右

アップルタイザー、めちゃ美味♪

普段飲むアップルタイザーよりもりんご味が濃くて、すっごく好き!!

ホテル

ホテルは「HOTEL AUBERGE SAINT PIERRE」私が泊まったのはこの部屋。

バスタブもありました。

本当は、食後すぐに修道院の観光だったけど、人が凄く多かったし、ちょっと疲れたのでツアーから離脱してホテルで休むことにした。

13:00だったけど、問題なくチェックイン出来た。

ツアー客が帰る16:00くらいまで部屋で休むことにした。

観光

ガイドから修道院の入場チケットを頂いたので、17:00くらいから観光した。

ちょうど、夜のミニコンサートもしていて、いい雰囲気でした♪

「ツアー客が居なくなると、こんなに静かでゆったりするのか・・・」と思うくらい、ゆったりと見ることが出来た。

ツアーから離脱して正解!

ガイドが必要なら、ガイドツアーを借りればいいと思う。

モン・サン・ミッシェルの夜景

モン・サン・ミッシェルに行って夜景を見ないって意味がないと思う。

22:00くらいから、ライトアップが始まる。

とにかく、息を呑むほど素晴らしかった!!

2日目

翌日は、11:00チェックアウトで、ツアーに集合は15:00だったので、ちょっと時間を持て余した。

早朝の、人の居ないモン・サン・ミッシェルの散歩は楽しかった!

これは、島に泊まった人だけの特権だと思う。

お店は、8:00くらいから開き始めたので、さっさとお土産を買った(12:00になったら混むと思うので)。

チェックアウト後は、一時的に水が引いてる海に行って写真を撮る。

昨日は、水があったのに不思議な感じ・・・・これも、2日間居ないと体験できないこと。

その後、あまり人の多くない島の中や建物の外側を見て廻った。

 

15:00に、この日の日帰りツアーの人と合流してパリに戻る。

てん


モン・サン・ミッシェルのライトアップを見るなら、時差ボケしやすい人は、旅行の後半に行ったほうが良いと思います。

じゃないと、結構眠い時間だと思うから(^^

それか、ライトアップの時間までホテルで仮眠するのもいいと思います。

あと、真夏でもモン・サン・ミッシェルの夜と朝は寒いです!!私は、ウールのストールを持っていったけど、かなり寒かったですよ。

現地ツアー、ここはイマイチ

一番は、値段が高い!ツアーだから安いと思ったら大間違い!自分で手配して行くのと比べると、倍近くの値段がしますよ。

あと、ガイドによってはツアーの雰囲気は全然違います。

モンサンミッシェルののツアーの場合、夏だとホテルをチェックアウトして帰りの時間まで色々と楽しみはありますが、冬だとちょっとキツイかもしれません。

スポンサーリンク